甘辛い味噌つゆとコシのある太麺が絶妙にマッチ

尾張地方の農家で昔よく食べられたごった煮は、味噌汁の中にすいとんやうどん、野菜などを入れた味噌煮込みうどんのルーツだ。濃厚な赤味噌ベースのつゆは、だしの取り方や味噌のブレンドなど、店ごとに工夫されている。

鰹で取った濃厚な出汁を効かせた豆味噌(八丁味噌など)仕立ての濃い汁と、生地に塩をいれず小麦粉と水だけで作られる極めてコシの強い麺が特徴。

鶏肉、月見卵、ネギ、シイタケ、餅などの具を入れる。専用の土鍋でグツグツと煮込んだうどんは、見た目を裏切るまろやかな味わい。

ページのトップへ